熱を持ち体温が異常に上昇

熱中症とは、高温環境の下で運動などを行っているときに体内に熱がたまり、体温調節機能がうまくコントロールできず、体温が異常上昇する病気のことです。

熱中症は、真夏の気温が高いときや梅雨明け後急に蒸し暑くなったときに起こりやすく、とりわけ、子どもや高齢者、強い日差しの中スポーツや仕事を行なっている人に罹りやすい病気です。

熱中症は、調子がよくない・気分が悪いといった程度の状態を放置し、症状が悪化するケースが多いです。

熱中症を引き起こす要因として、気温や湿度が高いといった環境のほか、低栄養状態、体調不良、持病持ちの人、激しい運動や屋外での長時間にわたる仕事などが挙げられます。

体内に熱がたまってしまうと水分や塩分のバランスが崩れ、目眩や筋肉のけいれん、意識障害、吐き気、汗のかきかたがおかしいといった症状があらわれます。

熱中症と感じた場合には、風通りのよい日陰など涼しい場所へ移動し安静にしたり、衣服をゆるめて体を冷やし体温を下げるようにします。

体力が落ちているときに、屋外で歩き回ったり運動することは避けたいものです。

よく言われているように、塩分や水分を補給することが大事で、水や麦茶、そば茶を飲んだり、塩飴をなめたり干し梅をかじったりするとよいです。