症状ごとに処置方法が異なる

熱中症とは、高温や高多湿といった環境に置かれた時に起こる様々な健康障害を表し、それぞれの症状ごとに分類されています。

熱中症の症状としてよく見られるのが、熱失神です。

体は、気温の上昇や運動をすることによって体温が上がると、皮膚の表面の血液を増やして体温を外に放熱しようとします。

しかしそのことで脳への血流が減り、血圧が降下してしまうことによって起こるのが熱失神なのです。

症状としては、めまいや立ちくらみ、一時的な失神などが起こり、顔が青白く脈が早くなるといった所見があるのも特徴です。

次は、スポーツ時などに多い熱けいれんです。これは大量に汗をかいた時に起こるもので、発汗によって血液中の塩分が低下したことにより、足がつる、筋肉痛、筋肉のけいれんなどの症状が見られます。

また、同じくスポーツ時や外回りの仕事などでよく見られるのが熱疲労です。

これも大量に汗をかいた時に、水分の補給が足らず脱水状態になったことで起こり、頭痛や吐き気、全身がだるい、頭がボーっとするなどといった症状があります。

このようなの症状が見られたら、まずは涼しいところに移動し、衣服をゆるめて横にさせ、水分の補給を促します。

熱けいれんの場合は、スポーツドリンクなどの塩分が入った飲み物を取らせます。

こうした応急処置を取ることでほとんどが回復しますが、意識障害がある場合は危険な熱射病の可能性があるため、すぐに病院に運ぶ必要があります。