繰り返し起こる熱中症の特徴を抑え予防

夏になると多くの人が熱中症になることから、特に高齢者や子供においては細心ンお注意が必要である。これから熱中症についての記述を行う。

熱中症は外にいる時だけ気を付ければいいというものではなく、高温多湿の場所にいる際にも発症をすることがあるので正しい知識を身につけ対策をとることが必要となる。

そもそも熱中症とは、体の中のバランスが崩れることで発症するものであり産熱と放熱のバランスが崩れることがその原因となっている。

産熱とは体が熱を作る作用のことであり放熱とはその熱を体の外に逃がす作用のことを指すが、この放熱によって通常人間の体は36度から37度に保たれているのである。しかし、運動などにより熱が作られると体温はどんどん上昇していまい血液の量が増えて熱を体の外に逃がすことができなくなってしまう。

これによってめまいや立ちくらみの症状となり、脱水症状が続くことで倦怠感や嘔吐、頭痛などを引き起こす。したがって汗をかいたときには水分や塩分を補充することが必要となり、体の温度を冷やすことが求められる。

症状が進むことで体温が上がり倒れてしまったり意識の障害をきたすこともあり、非常に危険な状態になってしまうこともある。